ノラ猫の思うがままに

日々のたわいもない事を綴っていきます

混雑してきた

2016年07月21日
アイキャッチ画像

 

もうすでに夏休みに入っている学生が多いことと思うが、アミューズメント施設は以前に増して活気を帯びている。

地方の体育館があるコミュニティーセンターでも普段は卓球をしている高齢者が少しいるくらいだが、今では夏休みに入った学生たちであふれている。

バスケットやバドミントン、卓球やテニスなどが低価格でできるこういった場は学生たちにとってもかなり需要はあるだろう。

また夏はお盆休みがあるので、家族でディズニーランドに出かけたりすることも多いことかと思う。

その中で問題視されるのが渋滞である。

お分かりだと思うが、渋滞の経済損失額は計り知れない。渋滞による経済損失額は年間で12兆円となっている。もはや渋滞は国家問題である。

特に首都圏であれば20キロメートルや30キロメートルの渋滞はざらであろう。

長いところだと50キロメートル以上渋滞の区間もある。

渋滞から引き起こされる問題は何も経済面だけではない。

渋滞によって救急車が遅れることにより、患者の生存率が50%下がるというデータも出ている。

他にも渋滞によって自動車から排出されるCO2は約50%上昇する。

こういった問題を解決するためにも国家レベルで渋滞に対する対策を考えていかなければいけないなと感じる。