ノラ猫の思うがままに

日々のたわいもない事を綴っていきます

土用の丑の日

2016年07月30日
アイキャッチ画像

本日7月30日は、土用の丑の日ですね。

昨年は二回ありましたが、今年は一回のみですね。

今日は家族でウナギを食べる、という方も多いと思います。

実際丑の日が近づけばスーパーなどにウナギが多く置かれている光景をよく見ます。

ウナギは栄養価がとても高く、夏バテ対策にもなるのでこの時期にはうってつけですね。

ただ、ウナギの本当の旬は、実は冬なんです。

ではなぜ夏に土用の丑の日があるんでしょうか。

これに関しては諸説ありますが、一番有力なのは

江戸時代にウナギ売りの商人がその当時天才といわれていた平賀源内に、

どうすればウナギが売れるのか。と相談したところ、

夏に売れないウナギの販売を促進させるために、「土用の丑の日、ウナギの日」と張り紙をしなさいと言われたそうです。

そうするとウナギの売り上げがかなりあがったらしいです。

このような習慣を当時の人々に根付かせたという説が濃厚です。

実際冬にウナギを食べるとかなり脂がのってて特においしく感じます。

ウナギは寒い時期を乗り越えるために脂を体内に蓄えるので、冬にとれたウナギは一年通しておいしく感じます。

最近は通販のウナギもおいしいものが多いので、ぜひ試してみてはいかかでしょうか。