ノラ猫の思うがままに

日々のたわいもない事を綴っていきます

弓道とアーチェリー

2016年08月05日
アイキャッチ画像

弓道とアーチェリーは似て非なるものなので、

引き方が違いますから弓道で型を覚えてアーチェリーをするということはできないと思います。

ただし、弓道経験者であればアーチェリーをすぐにできますし、逆にアーチェリー経験者であっても弓道はすぐには出来ません。


決してアーチェリーを軽視しているのではなく、

そもそも競技の趣旨が異なるからです。




弓道はどれだけ的に当てられるかですが、アーチェリーはどれだけ的の真ん中に当てられるかです。

アーチェリーの方がとっつきやすいのは当たり前でスタビライザー(安定装置)もサイト(照準器)も付いていますので当てやすいです。
なので全く経験のない方が、弓というものに触れすぐに楽しみたいのであればアーチェリーの方がおすすめです。

初期費用は、アーチェリーならば矢、弓、照準器と言った付属品、その他装備、

合わせて10数万〜40万ほどとばらつきはありますが高いです。

弓道は、多くの人が初めは自分の弓を購入しないため、

手につけるかけ、矢、袴と道着、道具の質にもよりますが、安ければだいたい4万ほど。

上達して弓を購入する場合でも安ければ5万円で購入できます。

本格的にやるなら弓道の方がお金はかからないかと。